おすすめ商品

【取り付け作業で役立った】車の追加メーターにおすすめのパーツ29選

おすすめ商品

車の追加メーターにおすすめのパーツが知りたいんだけど。どんなパーツがいいの?追加メーターごとに最適なパーツを揃えたいんだけど。

こういった疑問にお答えします。

まずこの記事を書いた自分は

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E2%9C%85%E5%85%83%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E6%95%B4%E5%82%99%E5%A3%AB-2-1.png

【取り付け作業で役立った】車の追加メーターにおすすめのパーツ29選

✅パーツを選ぶポイント
✅ブースト計取り付けにおすすめのパーツ3選
✅水温計取り付けにおすすめのパーツ2選
✅油温&油圧計取り付けにおすすめのパーツ7選
✅電圧計におすすめのパーツ3選
✅メーター全体でおすすめのパーツ14選

この記事では、追加メーターを取り付ける上で知っておきたいおすすめパーツ29選について解説していきます。

最適なパーツを事前に理解した上で選べば、購入してからスムーズに作業に役立てる事ができます。

また、記事の前半ではパーツを選ぶポイントも解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

選ぶポイント

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-02-28T014440.916-1-3.png

まず先に選ぶポイントから見ていきましょう。

電源を選ぶ場合は、

・どこから電源が取れるのか
・どんな感じで電源を取りたいのか?

この2つをメインに考えながら
選ぶといいでしょう。

どこから電源が取れるのか

1つ目はどこから電源が取れるのかを明確にする事です。

まず電源には

・常時電源
・バッ直電源
・イルミ電源
・ACC電源があります。

そこからオーディオ/ナビ裏・バッテリー・ヒューズなどがあり、取る箇所によって難易度も変わります。

そのため、自分に合った方法で電源を取る必要があります。

どんな感じで電源を取りたいのか?

1つ目の続きになりますが、どんな感じで
電源を取りたいのかも重要視します。

たとえば

・オーディオ裏から電源を取るならギボシ端子。
・ヒューズボックスから電源を取るならヒューズ電源など。

電源を取りたい場所によって
決めるのもいいですね!

このように事前に選ぶポイントを決めておくことで、いざ選ぼうと思った際に決めやすいです!

ここまで理解出来たら、次は追加メーターごとに必要なパーツを見ていこう。

ブースト計取り付けにおすすめのパーツ3選

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E6%96%B0%E6%B2%B9-2-1.png

ブースト計には、その時のアクセルの踏み具合(圧力)を針の動きで見る事ができる役割があります。

走行中にアクセルを踏み込む事で、どのくらい力が掛かっているのかがわかります。

もちろんブースト計によってはデジタル表記のものもあるので、取り付ける種類によっては両方で確認することもできます。

耐熱負圧ホース

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-11-04T004003.628-1.png

負圧ホースはバキュームホースとも呼ばれ、
空気を伝えるためのホースです。

どんなものに使えるの?

ブースト計やブーストコントローラーなんかが当てはまるね。

↓画像だとこんな感じ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 小見出しを追加-2021-11-05T115153.068.png

画像のように、サージタンクと呼ばれる
タンクに負圧ホースを繋げて使います。

純正のバキュームホースとは違い耐熱耐性があるので、熱のこもりやすいエンジンルームでも安全に使えます。

ミニサージタンク

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-11-04T004656.854-1.png

負圧ホースの延長に使用する商品になります。愛車のサージタンクとミニサージタンクを連結する事で使用出来る負圧の箇所を増やします。

例えば車を弄る事が好きな方なら

・ブースト計
・ブローオフバルブ
・ブーストコントローラーなど

負圧を使用する事は多くあり、追加していくと足らなくなるのが現状ですよね?

ですが、ミニサージタンクは最大6箇所まで増設可能なので、負圧ホースを増設したい方には特におすすめです。

ブーストコントローラー

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-11-04T005039.459-1.png

ブーストコントローラーは、過給圧を任意に操作できる装置になります。

ブーストアップの際に使用される装置で、ブースト計と組み合わせる事でブーストのかかり過ぎによるブロー(壊れる)を防ぎます。

 

別記事では他のブーストコントローラーのおすすめも紹介しているので参考にしてみてください。

おすすめブーストコントローラー5選!性能を求めたもの~手軽に購入できるものまで! ≫

水温計取り付けにおすすめのパーツ2選

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-11-04T010136.120-1.png

水温計は、取り付ける事で車の現在の水温を把握できるメーターです。

水温は車に乗る上で重要なものの1つで、メーターがある事で細かい数値で温度管理ができます。

また、温度管理ができるとオーバーヒートの
防止にもなるので、取り付けておいて損はありません。

水温アタッチメント

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-11-04T010946.527-1.png

アタッチメントは、アッパーホース(冷却水が流れているホース)の間に挟み込む事で水温センサーを取り付ける事ができる部品です。

サイズには26mm・28mm・32mmとあるので、取り付ける際には自分の車にあったものを使用しましょう!

例えば、インプレッサ(GDB)には38φのものが適合。

他にも軽自動車で言えばほとんどが26φと言うように、事前にラジエーターホースの径を調べておくと失敗のリスクを減らせます。

シールテープ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-11-04T011019.251-1.png

アタッチメントをラジエーターホースに挟み込む際に、アタッチメントの口の部分に巻きつけるテープになります。

簡単に言えば漏れ止めの役割を持つテープですね。

油温&油圧計取り付けにおすすめのパーツ7選

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-11-04T010151.892-1.png

油温計はオイルの温度を見ることができるメーター。油圧計は、オイルの圧力を見ることができるメーターです。

どちらも車の温度管理をする上で重要となります。

特に油温計は水温計に引っ張られることもあり、
温度が上昇する事でオーバーヒートの把握にもなります。

もちろん油圧計においてもエンジンブローを防ぐ目安にもなるので、あって損はありません。

オイルアタッチメント

サンドイッチブロックとも呼ばれる商品で、オイルエレメントとの間に挟み込む形で装置します。

簡単に油温を感知できる事から使用している方も多いですが…

・安すぎるもの
・車種に合わないもの

間違った選択をしてしまうと、隙間からオイルにじみが発生する場合があります。

なので、もしサンドイッチブロックを使用する場合には、値段や耐久性などを見比べた上で自分の車にあったものを使用しましょう。

ジュラン油圧計アダプター

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-11-04T013328.289-1.png

ジュラン(JURAN)から出ている商品で、

・油温計を取り付けたいけど、サンドイッチブロックは使いたくない

・純正のプレッシャースイッチを いかしたまま取り付けたい

こんな方にオススメですね。

ただし、車のエンジンによっては1部干渉して
取り付けが出来ない車種もあります。

ですが、取り付けができてしまえば純正のプレッシャースイッチと差し替える必要がないので、警告灯に悩まされる心配がありません!

オイルフィルターレンチ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-11-04T014005.750-1.png

オイルエレメントを外すための
専用工具になります。

サンドイッチブロックを取り付ける際に、
必要になりますね。

ラチェットハンドルと組み合わせる事で、
力の弱い方でも簡単にエレメントを外す事ができます。

サイズは64~101と様々ですが、
車種によってサイズが違うので

適合表で調べたうえで購入するといいです。

ラチェットハンドル&ソケット

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-11-04T014535.111-1.png

ラチェットハンドルとソケットがセットになったものです。

油温や油圧計を取り付ける上でオイルを一度抜く必要が出てくるので、交換の際に持っておくといいでしょう。

オイルエレメント

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-11-04T015215.168-1.png

オイルエレメントは、サンドイッチブロックを
装着する際に交換用として使用します。

エレメントはそのまま再利用しても構いませんが…

不純物や汚れたオイルがそのまま残った状態で装着となるためあまりオススメはできません。

なのでどうせ取り付けるなら、交換時期のタイミングで取り付けるといいでしょう。

廃油処理パック(ポイパック)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-11-04T015730.703-1.png

エーモン工業からでている廃油処理パック。ポイパックと呼ばれるものです。

見た目は普通の段ボールのようですが、中を開けると袋に敷き詰められた吸収材が出てきます。

下からオイルを抜く際に設置しておくことで、
吸収材がオイルを吸収します。

交換後はそのままごみに捨てられるという優れものですね!

私も交換の際に使用しますが、オイルうけ皿のように交換後に一度オイルを吸収させて捨てるといった手間が省けるので便利ですね。

オイル量のサイズは、2.5~6.5Lまで様々対応しています。

エレメントを取り外す際に垂れたオイルを受け止めるのに便利です。

エレメントだけ取り外す場合なら、
2.5Lで事足りる事でしょう。

作業用手袋

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-11-04T020146.052-1.png

作業で使える作業用の手袋になります。

特にオイルなどのなかなか落ちない汚れなどから手を守ります。

電圧計におすすめのパーツ3選

電圧計は車の現在の電気の数値を確認できるメーター。

取り付ける事で、走行中もしくはアイドリング
中の自分の車の電圧がわかります!

その際に、バッテリーから電気を直接取らないと半端な数値が表示されてしまうので、取り付ける場合は以下のパーツでバッ直繋ぎが最適です。

電源取り出しターミナル8859

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: GDBインプレッサを購入すると年間維持費はいくらかかる?-10.png

【仕様】
・使用可能電力:DC12V720W以下/DC24V1440W以下
・使用可能電流:60A(MAX)

【内容物】
・電源取り出しターミナル×1セット
《セット内容》
 端子/高ナット/四角頭ボルト/皿タッピング
 カバー上/カバー下/フランジボルト×2
プラス電源の取り出しに便利なターミナルになります。
 

ステーの部分にボルトで挟み込む事で簡単に電源が取れます。

エーモン 電源取り出しコード-e341

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-07-27T224303.932-1.png

■平型ヒューズ付(10A)
■アース用にクワ型端子付(穴径 8φ)
■コードの長さ
1.25sq-3m
■使用可能電力
DC12V120W以下/DC24V240W以下
■入り数
1セット

バッテリーから簡単に電源が取れる商品になります。

ただ、使い方によってはそのまま使用するとエンジンオフでも電気が遮断されないので、リレーやスイッチなどと組み合わせましょう!

エーモン4極リレー

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-11-03T235545.022-1.png

【仕様】
・DC12V車専用
・接点構成:1a
・使用可能電力:MAX240W(20A)
・コイル消費電流値:12V約150mA

 

【内容物】
・リレー(端子付):1個

リレーは切り替え式のもので、繋げた電源に
合わせて電気が流れるというもの。

特にバッテリーから電源を取る場合にそのままではバッテリー上がりに繋がるので、トラブルを防ぐために4極リレーが最適です。

メーター全体でおすすめのパーツ15選

ギボシ端子3305

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-04-13T172834.159-1.png

【仕様】
・使用可能電力:
 DC12V車200W以下
 DC24V車400W以下
・適合コードサイズ:AV(S)0.5〜2sq
・材質:
 端子/黄銅(スズメッキ)
 スリーブ/PVC

【内容物】
・ギボシ端子(オス)×8
・ギボシ端子(メス)×8
・オススリーブ×8
・メススリーブ×8

エーモンギボシ端子は、電源を確保する際に電源側のオスまたはメス端子と繋げることで電気の伝達ができるパーツです。

一般的な使い方としては、

・ギボシ端子同士を繋いで電源を伝える
・電源を分岐する

端子を繋いでる間は繋げた電源で電気がながれ、
条件を満たした時のみ遮断する仕組みです。

 

合わせてメリットデメリットが知りたい場合は、以下を参考にしてみましょう。

【エーモン】ギボシ端子3305を選んだ理由と気になるデメリット2つ! ≫

接続コネクター3328

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%88%83%E3%81%8C%E9%85%8D%E7%B7%9A%E3%81%AB%E9%A3%9F%E3%81%84%E8%BE%BC%E3%82%80%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%A7%E9%80%9A%E9%9B%BB%E3%81%99%E3%82%8B-2-1.png

【仕様】
・適合コードサイズ/使用可能電力:
 AV(S)0.2〜0.3sq
  DC12V車24W以下
  DC24V車48W以下
 AV(S)0.5sq
  DC12V車36W以下
  DC24V車72W以下
・材質:
 本体/PC
 コンタクト/銅合金(スズメッキ)

接続コネクター3328は、0.2sq~0.5sqの
配線接続に対応したパーツです。

本来であれば、0.2sq⇒0.5sqもしくはその逆で
接続すると過電流の危険性がありますが…

接続コネクター3328を活用すれば安全にサイズの変換ができます。

 

合わせてメリットデメリットが知りたい場合は、以下を参考にしてみましょう。

【実体験】接続コネクター3328を選んだ理由と使って分かったデメリット ≫

エーモン【3336】配線コネクター 赤

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-06-09T050006.891-1.png

【仕様】
・適合コードサイズ:AV(S)0.5〜0.85sq
・使用可能電力:
 DC12V車110W以下
 DC24V車220W以下
・材質:
 コネクター/PA66
 エレメント/黄銅(スズメッキ)
・カラー:赤
0.5〜0.85スケア対応の配線コネクターになります。
 

※スケア(sq)は、電線の導体の太さを
表す単位です。

一般的によく使うタイプの配線コネクターです。

社外のナビなどの配線が主に該当します。

配線コードダブル

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-11-03T220421.376-1.png

【仕様】
・コードサイズ:0.50sq-15m
・使用可能電力:DC12V60W以下/DC24V120W以下

【内容物】
・ダブルコード(赤/黒)×1

配線コードダブルは、赤と黒の2種類の配線で
使い分けることができるパーツです。

特にプラスとマイナスで区別したい時などこれ1つで2つ分の配線として使えます。

ヒューズ電源

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-03-07T085635.177-1.png

ヒューズ電源の特徴は、車のヒューズと差し替える事で簡単に電源が取れる事です。

例えば、20Aのヒューズ電源があるとして、
差し替えるのは同じ20Aです。

するとどうなるかというと、差し替えるだけで電源が取れるようになります。

20A=常時電源
15A=イルミ電源
10A=ACC電源

というようにA数に応じて電源が取れます。

※ただし、A(アンペア)数の数値全体でなく、そのうちの半分の電気までしか取れないので注意です!

また、紹介したものは平型ヒューズになりますが、他にもミニ平型・低背ヒューズがあります。

全部書くと長くなるから、詳しくは【車のヒューズboxから電源を取る(10・15・20a)のヒューズ電源おすすめ9選】を参考にしてみてね。

クワ型端子

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-05-04T014321.159-1.png

クワガタ端子は、電装部品を取り付ける際に便利な部品です。

オス・メスなどの極性はありませんが、簡単にマイナス(ボディアース)を取ることができる端子です。

本来ならオーディオ裏などのマイナス配線から
取る事で電源の確保はできますが…

その都度配線から取ると、配線がごちゃごちゃになりかさばることになります。

逆にクワガタ端子を使用すれば電源自体を新しく作ることができるので、その都度オーディオ裏から配線を分岐する必要がなくなります。

アースポイント増設ターミナル

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-03-07T182157.024-1.png

【仕様】
・使用可能電力(接続コードの合計値)
 DC12V車140W以下
 DC24V車280W以下
・付属コードサイズ:AV(S)1.25sq×約30cm
・適合コードサイズ:0.2~0.75sq
・適合端子:クワ型端子6φ
・最大8本接続可能
 配線コード:0.2〜0.75sq×4本(各2本)
 クワ型端子:6φ×4本

アースポイント増設ターミナルは、電装品に必要なボディーアースを複数分岐できるエーモン製の部品になります。

アース用端子の先端がクワガタ端子になっているのが特徴で、先端のアースを経由して最大で8個まで分岐出来ます。

 

合わせてメリットデメリットが知りたい場合は、以下を参考にしてみましょう。

アースポイント増設ターミナル(2833)を選んだ理由とデメリット ≫

アース用端子

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-03-08T024608.931-1.png

【仕様】
・使用可能電力(合計):
 DC12V車140W以下
 DC24V車280W以下
・付属コードサイズ:AV(S)1.25sq×約30cm
・付属端子:クワ型端子φ6
・適合端子:平型端子250型(メス)
※平型端子は別売です。

【内容物】
・アース用端子×1

アース用端子は、電装品に必要なボディーアースを複数分岐できるエーモン製の部品になります。

アース用端子の先端がクワガタ端子になっているのが特徴で、先端のアースを経由して最大で4個まで分岐出来ます。

 

合わせてメリットデメリットが知りたい場合は、以下を参考にしてみましょう。

アース用端子(1140)を電装品の分岐に使った感想と2つのデメリット ≫

プラスマイナス分岐ターミナル

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-03-25T045307.844-1.png

【仕様】
・DC12V車専用
・使用可能電流(合計):5A
・使用可能電力:
 DC12V車60W以下
 DC24V車使用不可
・適合コードサイズ:0.12sq〜1.25sq相当(AWG26~16)
・付属コードサイズ:0.5sq×約60cm

【内容物】
・プラスマイナス分岐ターミナル×1
・両面テープ:×1
・ギボシ端子付コード×1
・クワ型端子付コード×1

プラスとマイナスの両方の分岐ができる
ターミナルになります。

インポート側に電源配線を繋げる事で、
アウトポート側で最高4つまで分岐が可能です!

 

合わせてメリットデメリットが知りたい場合は、以下を参考にしてみましょう。

プラスマイナス分岐ターミナル2831を車で使った感想とデメリット ≫

電工ペンチ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-06-03T144923.836-1.png

【仕様】
・サイズ:全長約255mm
・材質:本体/クロームバナジウム鋼(カチオン電着塗装)
    グリップカバー/塩化ビニール樹脂

 

【内容物】
・電工ペンチ:1本

電工ペンチとは、

➀カッター部分で配線をカットすることできる
②端子をかしめることができる
③端子を圧着することが出来る
④被覆を剥く事ができる

④つの機能を1つでこなせることが出来る

多機能工具のことです。

メーターや、LED部品など。電装系部品
の電源を繋げる配線の接続に使用します。

ペンチ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-11-21T214917.292-1.png

接続コネクターを挟み込むのに便利なパーツです。

検電テスター

【仕様】
・使用可能電圧:DC6V~DC24V
・コード長:約80cm

【内容物】
・検電テスター×1

電気が流れている配線に繋げる事で、その車の通電状態や電気の流れが分かる商品になります。

言ってしまえば記号がないだけでテスターと同じですね。

どこにどの電気が流れて、どのタイミングで電気が流れるかなど様々分かるので、初心者から始めるならもってこいの商品ですね!

検電テスターには他にも、

・色で電気を見分けるもの
2色LED発光 FJ1129

・ブザーで通電を知らせるもの
1547 検電テスター 光とブザー音で通電をお知らせ

・デジタル表示で表示するもの
1142 デジタル検電テスター

いくつか種類があるので自分に合ったものを使用するといいですよ!

 

合わせてメリットデメリットが知りたい場合は、以下を参考にしてみましょう

検電テスターA49を実際に使った感想と1547・1142との比較 ≫

ターミナル&ツールセット(検電テスター付)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-11-03T231555.082-1.png

【仕様】
・サイズ:W305×H43×D160㎜

【内容物】
・電工ペンチ  1個
・検電テスター 1個
・ギボシ端子  10セット
・ギボシ端子ダブル 2セット
・平型端子(250型) 5セット
・クワ型端子(Φ6) 3セット
・丸型端子(φ8)  3セット
・配線コネクター(白) 2個
・配線コネクター(赤) 2個
・配線コネクター(青) 2個
・接続コネクター   2セット(4個)
・配線止めバンド(100mm) 10個
・配線止め金具ミニ(15.5×8mm) 10個

ターミナル&ツールセットは、作業に便利な電工ペンチや端子類など。一通りのパーツがセットで同封されたパーツです。

単品で揃えるよりも安く済むので、初心者から始めるなら是非ともおすすめです!

六角レンチ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: %E5%90%8D%E7%A7%B0%E6%9C%AA%E8%A8%AD%E5%AE%9A%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3-2022-11-03T232534.400-1.png

六角レンチはメーターフードの固定に役立つパーツです。

作業に合ったパーツを選んでスムーズに取り付けよう!

以上、車の追加メーターにおすすめのパーツ29選を紹介しました。

今回の記事のおさらいです。

ブースト計取り付けにおすすめのパーツ3選
水温計取り付けにおすすめのパーツ2選
油温&油圧計取り付けにおすすめのパーツ7選
電圧計におすすめのパーツ3選
メーター全体でおすすめのパーツ14選

カスタムにあったパーツを揃えられればスムーズな作業ができるので、この機会にぜひ自分に合ったものを選んでみましょう!

パーツをお得に購入したい人向け

ここからは、パーツをお得に購入したい人向けの紹介します。
 
パーツはカー用品店でも購入はできますが、探しに行くのが面倒な人はネットショッピング(楽天やAmazon)でも手軽に購入ができます。
 
その際に、会員やお得になる日を知っておくと損をせずに購入ができます。
 
お得なポイント
・楽天市場⇒毎月5と0のつく日はポイント5倍!

 

※購入の際に楽天カード会員になっておくと、初回登録のみ5000Pゲット。 カード利用の場合はその都度貰えるポイントが通常時でも2倍(本来は1倍)になります。また、会員でガソリンの給油もお得になります。

※参考記事
楽天カードで【ガソリンの値引き】が出来る2つのスタンドと給油料金 ≫

・Amazon⇒Amazonプライムデーは対象商品がお得!

※購入の際にAmazonプライム会員になっておくと、通常500円かかる送料がその都度無料になります※

・Yahooショッピング⇒毎月5のつく日はTポイント還元1%&PayPayボーナスライト4%の合計5%還元!

(Visited 38 times, 1 visits today)

コメント