おすすめ商品オイル関連

【オイル交換に役立つ】安全に作業する上で必要な工具11選を厳選!

おすすめ商品

オイル交換には作業に合った工具があるって聞くけど本当なの?どうやって交換すればいいの?自分でも知っておきたいので詳細を教えてほしい

そんな悩みにお応えします。

確かに初心者からしてみれば、『どうやって交換するのだろう?』となりますよね。

でも実際は、作業にあった工具を使用することで初心者でも簡単に交換する事ができるものなのです。

詳しい詳細については、また順を追って説明していきます。

実際に私も以前は知らない時期はありました。

以前の私は知識も疎く、必要な工具について知りませんでした。

しかし、ふと調べた際に『これがあれば交換できるのか』ということを知りました。

それから自分で実際に使って交換してみたり、詳しい人に聞いてさらに詳細を知る事ができました。

そこで学んだ知識を活かして
この記事では、

オイル交換に役立つ車の工具11選を紹介します。

・オイル交換に必要な工具について知りたい
・知識として学びたいので詳細を教えてほしい

そんな人に向けて執筆していきます。

この記事を最後まで読むことで、これから先自分(DIY)で車のオイル交換を自宅でする際に、

どの工具を準備すればいいのか・また、オイルで汚さないためには

何を用意すればいいかわかるので
ぜひ最後まで読んでみてください。

オイルフィルターレンチ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-13-1024x536.png

オイルエレメントを外すための専用工具になります。

ラチェットハンドルと組み合わせる事で、
簡単にエレメントを外す事ができます。

サイズは64~101と様々ですが、
車種によってサイズが違うので

事前に適合表で調べるかセットで
揃えるといいでしょう。

工具

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-8-1024x536.png

オイルのドレインボルトを
外す際に使用します。

基本はメガネレンチもしくはラチェット
ハンドルを使用しますが、

工具一式で揃えておくとどちらも
使えるので便利ですよ!

これ一つでほとんどの一般的な
整備ができます。

オイルジョッキ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-18-1024x536.png

オイル交換時に重宝するオイルジョッキ

になります。

古いオイルを抜いた後の、
新油補充時に使用する道具です。

先端が細いノズル上になっているので、
オイルをこぼすことなく簡単に補充できます。

オススメとしては、蓋やこし網付きのものを選ぶといいですよ!

異物混入を未然に防ぐ事が可能です。

ドレインワッシャー

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-2021-11-28T190212.402.png

オイルのドレインボルトの間に
かませるワッシャーですね。

中古のまま使い続けると
オイルが漏れるので、

必ず新品を用意しましょう。

オイルチェンジャー

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-17-1024x536.png

上からオイルを抜くための専用道具になります。

通常オイルパンのドレインボルトを外し
下からオイルを抜くのが一般的ですが、

オイルチェンジャーを使用する事で
上から抜くことが可能です。

使い方も簡単で、オイルレベルゲージと
呼ばれるオイル量をチェックする

ゲージ穴から差し込み、
手動にてオイルを抜き取ります。

車にもよりますが、だいたい10分程で
交換は完了します。

オイルうけ皿

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-16-1024x536.png

オイル交換時に便利なオイル受け皿になります。

オイルパンの下に設置しておくことで、
床を汚すことなくオイルを受け取ります。

使い方によっては、エンジンオイル以外にも

ブレーキオイルやオートマオイル
などにも使用可能です!

廃油処理パック(ポイパック)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-15-1024x536.png

エーモン工業からでている廃油処理パック。
ポイパックと呼ばれるものです。

見た目は普通の段ボールのようですが、

中を開けると袋に敷き詰められた
吸収材が出てきます。

下からオイルを抜く際に設置しておくことで、
吸収材がオイルを吸収します。

交換後はそのままごみに捨てられる
という優れものですね!

私も交換の際に使用しますが、
オイルうけ皿のように

交換後に一度オイルを吸収させて
捨てるといった手間が省けるので便利ですね。

オイル量のサイズは、2.5~6.5Lまで
様々対応しています。

軽自動車なら2.5Lほど。

普通車なら4L~6.5Lというように
使い分けるといいでしょう。

ガレージジャッキ

まず1つ目はガレージジャッキです。

タイヤ交換をする際に、車体を
持ち上げるための工具です。

基本的には車に付属されている
パンダジャッキでも交換はできますが、

交換スピードを上げる目的で使用するなら
ガレージジャッキの方がオススメです!

理由として、
・パンダジャッキ
・ガレージジャッキ

それぞれの性能に違いがあります。

パンダジャッキ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 小見出しを追加-27.png

パンダジャッキは、車に付属されている
純正の工具です。

上下4か所にある切り欠き部分に
それぞれ噛ませる事で、

車体を上げる事が出来るというものです。

ただ一か所づつ上げる事になる為、
時間が少々かかるのが難点です…

ジャッキ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 小見出しを追加-28.png

まず1つ目はガレージジャッキです。

タイヤ交換をする際に、車体を
持ち上げるための工具です。

基本的には車に付属されている
パンダジャッキでも交換はできますが、

交換スピードを上げる目的で使用するなら
ガレージジャッキの方がオススメです!

ジャッキスタンド

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 小見出しを追加-29.png

2つ目はジャッキスタンドです。

ジャッキスタンドは、ジャッキで車体を
持ち上げた時に左右に挟んで車体を支える工具です。

実際交換自体はなくてもできますが、
あるかないかでは大きく変わります。

何故ならジャッキスタンドとは、
本来車体を支えるという機能がある為です。

車体を支える=ジャッキが倒れるのを防ぐ

ジャッキスタンドがないと、
ジャッキが倒れてしまった時に

車体の下敷きになってしまうので、
危険を回避するなら

持っておいて損はありません!

フェンダーカバー

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-9-1024x536.png

クルマの整備や点検をする際に
便利なカバーになります。

通常作業をするとどうしても避けられないのが傷や汚れです。

・例えば、工具や部品などが作業中に当たってしまって傷がつく。

・オイル交換の際にオイルが飛び散って汚れが残る。

作業をすればこのような事は
日常的に起こります。

ですが、その際に便利なのが
フェンダーカバーですね!

作業をする付近に事前に設置しておけば、
傷や汚れから車を守ります。

作業用手袋

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-11-1024x536.png

一般的な整備からちょっとした点検などで
便利な手袋になります。

車を弄っているとよくあるのが、

・手をけがしてしまう
・オイルなどで手が汚れてしまう

2つの事です。

特に手をけがしてしまう事が多いですね。

私自身も車を整備する事がありますが、
手袋をしない状態だと

作業箇所によっては尖った部分や
鋭い箇所が多いので、

手が傷だらけになる事がよくあります。

そのため、傷防止として
手袋をする事が多いですね。

手袋は何も汚れを防ぐだけではないですよ?

傷防止としても役立つので持って
おいて損はありません。

ツナギ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-12-1024x536.png

オイル交換をする際に、
場合によって車体下にもぐる事もあります。

そうなってくると私服のままでは
服が汚れてしまいますよね?

特に交換中にオイルが付着した日には洗濯しても汚れが落ちない事なんてざらではありません…

そんな時役立つのがツナギですね。

ツナギは基本下から上まで一体型なので、
服やズボンにまでオイル(汚れ)が付くことはありません。

作業専用として使用すれば、ツナギなら
多少汚れても気にならなくなります。

まとめ:オイル交換に役立つものをそろえて作業効率を上げよう!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 名称未設定のデザイン-19-1024x536.png

オイル交換は、車に乗る上で
最も必要な作業です。

交換時期や目安も決まっていて、その範囲以内で交換をすれば安心して走行ができる訳です。

ですが、少々手間な作業であるため、
交換を後回しにする方も多い事でしょう。

オイル交換は皆さんが
思っている以上に重要な事で、

交換しないと取り返しのつかない
状態にもなることもあります…

※詳しくは以下記事を参考にしてください。

オイル交換は意味ないって思ってない?車に乗るなら知るべき3つの症状と交換目安!
車屋さんやカー用品店などで オイル交換を勧められた ことはありませんか? 急いでる方や交換が面倒な方なら 『また後で』や『交換って必要なの?』 と思う方もいるかと思いますが、 実は…オイル交換を怠ると 危険って知っていましたか? どのくらい危険なのか詳細に ついてはこれか...

ですので、交換をしないという選択肢は
避けなければなりません。

交換は手間な作業ではありますが、
今回ご紹介した道具を揃える事で

作業が格段に良くなる事間違いなしです!

道具の組み合わせ次第では作業時間の
短縮にもつながるので、

ぜひ活用してみてください!

作業ごとに必要な工具が知りたい方へ

別記事では種類に合わせて必要な工具を
紹介しているので、

詳しく知りたい方は以下を合わせて読んでみてくださいね!

【タイヤ交換に役立つ工具】

このページではタイヤ交換に必要な
工具や道具を紹介しています。

【初心者でも扱いやすい】車のタイヤ交換にベストな作業パーツ10選
タイヤ交換には作業に合った工具があるって聞くけど本当?どうやって交換すればいいの?自分でも知っておきたいので詳細を教えてほしいこういった疑問にお答えします。この記事を読めば、おすすめのパーツ10選を知る事ができます。合わせて工具の必要性も紹

【バッテリー交換に役立つ工具】

このページではバッテリー交換に役立つ
工具や道具を紹介しています。

http://masaki.icu/5-useful-tools-for-battery-replacement/

~お知らせ~

記事で紹介しているおすすめ商品について。

当ブログで紹介しているおすすめ記事では、
Amazonや楽天などの商品を紹介しています。

その中で

・商品がもう少し安く購入出来たらな
・お得に購入したいな

こんな悩みの方が少なからずいる事でしょう。

そんな方に向けてこれからの
内容は紹介しています。

特にAmazonや楽天を利用する方に最適です!

楽天やAmazonなどで商品を
安く購入したい方へ。

本来物によっては値段が高く

・少しでも費用を抑えたい
・お得に購入したい

誰しもこんな悩みがある事でしょう。

そんな方は以下2つの方法がおすすめです。

楽天市場でお得に購入する方法

楽天市場をメインに利用する方は、
楽天カードに事前に登録するとお特になります。

というのも、楽天カードは登録するだけでも5000P。

カード利用のたびに貰えるポイントが倍となります。

つまり、商品を購入するたびに倍のポイントが付き、ポイントが貯まればポイントで買い物もできる訳です。

特に楽天セールの時などにはポイントが倍増+商品が割引となるので特にお得と言えます。

このように使い方次第で安く購入ができるので、
楽天市場をメインに利用する方は登録をおすすめします。

また、私自身が活用している方法ですが、
ガソリン代の代わりとしても利用できます。

その方法については、【楽天カードでガソリン代がお得!ENEOSや出光で給油すると【最大3円引き】】を参考にしてみてください。

【楽天カードで最大3円割引】ENEOSや出光でガソリン代を抑えるならこのカード!
・楽天カードで給油ができるって聞いたけど本当かどうか信じられない・どうして楽天カードで給油できるか知りたい・楽天カードで給油したいので詳細を教えてほしいそんな悩みにお応えします。確かに楽天カードと聞くと、『ほんとに給油ができるの?』となりま

話を戻しますが、総合すると

①初回ならカード作成のポイントで商品が買える
②商品購入で倍のポイントが付く
③貯まったポイントでガソリンが入れられる。
この繰り返すができます。

楽天カードは登録自体無料なので、
作っておいて損はないカードです。

カード作成はこちら

年会費永年無料の楽天カード

まずは無料でカード作成をしてポイントをゲットしてみましょう。

Amazonでお得に購入する方法

Amazonをメインに利用する方は、Amazonプライムに事前に登録するとお特になります。

Amazonプライム会員は、年間4900円、月額500円の有料会員制サービスです。

・配送料が無料
・Amazonプライムデー

・Prime Video
・Prime Music
・Prime Reading

などの特典を受けることができます!

えっ?無料じゃないの?

実は月額500円という有料付きなんだよね。

一見すると毎月500円と言う事でデメリットが大きのでは?と思われがちですが…

カー用品を購入したい方にとっては

・送料が無料になる
・Amazonプライムデーには商品が割引

この2つは大きなメリットと
言えるのではないでしょうか?

ソース画像を表示

特に送料の問題。

通常ならその都度600円前後の送料がかかる為、
数百円の商品でさえも高く感じる事があります。

そんな時に会員であれば送料は0円で済みます。
数百円なら商品代金のみで済みます。

また、初めて使う場合ならお試しとして
30日間無料体験ができます!

この事を考えれば、500円でも
お得と言えるでしょう。

Amazonプライム会員登録

初めての方はまずは30日間の無料体験をしてみましょう
(Visited 19 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました